2010年01月15日

鳩山首相「地球から見れば、人間がいなくなるのが一番優しい」(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は14日、首相官邸で開かれた温室効果ガスの25%削減に向けたイベントであいさつし、「地球から見れば、人間がいなくなるのが一番優しい自然に戻るんだという思いも分かる」と述べ、独特の世界観を披露した。

 首相は「いま1日100種類の命が失われている」と指摘し、生物多様性の重要性を強調。その上で「人間が存在しているからこそ、このような地球になっていることを謙虚に認めなければならない」「地球を襲っている人間という生物が犯している大きな誤りの1つが、地球の温暖化現象だ」と語った。

 これまでも「国益も大事だが、地球益も大変大事だ」「日本列島は日本人だけのものじゃない」などと“友愛発言”を繰り返してきた首相。イベントでもその精神を強調したかったようだが、さすがに「その結論(人間がいなくなる)はとりたくない」との言葉を補うことは忘れなかった。

【関連記事】
これぞ真の友愛精神 鳩山首相、本当の意味分かってる?
“友愛外交”効果無し 韓国、竹島で非難キャンペーン
どこが友愛?サラリーマンにしわ寄せ、税制改正で負担増
首相、小沢幹事長代えず 「内閣として一致結束」 陸山会強制捜査で
首相「コメントする立場にない」 小沢氏側への捜索で

悩む漁師のぶろぐ
しげおのブログ
zionguのブログ
w0ud39quの日記ブログ管理ツール
JOJOファンタジスタ
posted by co2tjh10wl at 00:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。