2010年03月19日

多汗症手術後に異常発汗=「説明不足」と提訴−東京地裁(時事通信)

 手のひらに汗をかきやすい「手掌多汗症」の手術の際、別の部位から異常発汗するようになる可能性について十分な説明をせず執刀したとして、28歳と30歳の男性が12日、東京都内の病院と医師を相手に、それぞれ5000万円の損害賠償を求める訴えを起こした。
 訴状によると、2人は手術によって手のひらの汗は止まったが、腹や下半身など別の部位から大量の汗が出るようになった。こうした発汗が起きる可能性が極めて高かったのに、病院側は手術前に十分な説明を怠ったとしている。 

【関連ニュース】
原告と4700万円で和解=03年の内視鏡手術事故
「重症患者引き受ける体制を」=搬送拒否で裁判長付言
水俣病、救済対象者を拡大=和解協議で提案
作家の海堂さんに賠償命令=ブログで名誉棄損
日赤と医師に1億円余賠償命令=検査怠り下半身不随

<高校無償化>朝鮮学校は法成立後に結論 平野官房長官(毎日新聞)
診療報酬改定受け「地域・院内での連携を」(医療介護CBニュース)
中村耕一容疑者 「1年ほど前から覚せい剤使用」と供述(毎日新聞)
無料博物館めぐりはいかが?(産経新聞)
全日空機が引き返す=新千歳空港(時事通信)
posted by co2tjh10wl at 11:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。